フルールはなはな

渋谷 花屋
フルールはなはな

アレンジ

卓上植物(テーブルプランツ)


タイトルをクリックすると、拡大写真や詳細コメントを確認できます。

フィットニア・アイビー

穴が開いていない器ですが、水遣りを気をつけて下さい。

フィットニア[分類]キツネノマゴ科 フィットニア属 常緑多年草

[原産地]南アメリカ 緑の葉と白い網目状の葉脈のコントラストが美しく葉が密になっている状態が可愛らしい観葉植物です。日本での別名はシロアミメグサ、他にも赤い網目をしているベニアミメグサがあります。
置き場所 半日蔭が好み耐陰性があるので室内でも育てられます。又、多湿を好みますが過湿には弱いので風通しの良い場所へ。

水やり  土の表面が乾いたら水をたっぷり与えてください。夏はとても水をほしがるので注意。水切れになると葉がしおれてしまいます。その時は水を与えるとすぐもとに戻ります。
気温が下がってくると段々水を吸わなくなるので乾燥気味に。
多湿を好みますので霧吹きで葉水を与えてください。

最低温度 10度以上フィットニアは寒さに弱く冬は必ず室内で育ててください。
室内で育てているときもできるだけ15度以上を維持してください。

病害虫  多湿状態で育てているのでナメクジがつくことがあります。ナメクジがいたらはし等でつまんで捨てるか、薬剤で処分してください。

アイビー
[分類]ウコギ科 ヘデラ属(キヅタ属) 常緑慢性低木

[生息地]ヨーロッパ 北アメリカ アジア等 アイビーは多数の品種があります。
有名なものは緑色の葉に白い斑が縁にかかっている特徴があります。生育旺盛で乾燥と寒さに強いアイビーは、寄せ植えの素材として広く使われています。 置き場所 耐陰性があるので屋外、室内でも育てることができます。夏の直射日光には弱いので注意してください、葉やけしてしまいます。 最低温度 -5度以上 よほど寒くなければ戸外で越冬できます。 水やり  土の表面が乾燥したら水を与えてください。乾燥するとハダニがわくので葉に時々霧吹きなどで葉水を与えてください。病害虫  乾燥するとハダニが発生します。 お気軽にお問い合わせ下さい。